練乳や山芋にジャガイモなどのプラス効果でワンランク上の味わいに

いつも食べているタルタルソースとは異なる、ワンランク上のチキン南蛮のファンになったり、焼きそばとイタリアンのコンビは最強と知ったり、グルメは常にワクワクを与えてくれます。自宅でもよく作ることのあるお好み焼きも、自分だとつい面倒でお好み焼き用の手間いらずな粉を使いますが、お店で食べると本当に美味しいです。そんな最近食べた美味しいものを、いくつかピックアップしてみました。ささやかなプラスやコラボなのに、新たな発見をしたような驚きを与えてくれて楽しいです。

イタリア料理のミートソースと中華麺がタッグを組む

いくつもの種類はあるけれども、スパゲッティといえば王道はミートソースです。濃厚なトマトソースともちもちのパスタ麺、この組み合わせの味わいに申し分はありません。
自宅で食べるにしても作るのは簡単なのに、失敗のない安定の美味しさがあります。同じく焼きそばも日本人が愛する定番の人気中華メニュー、トマトとはまた違った濃厚さを醸し出すソースと中華麺の組み合わせは裏切りません。
友達に連れられて行った初めての飲食店は、洋食がメインのお店でした。そこで同じく友達のおすすめのメニューを頼んだのですが、これが初めて食べたミートソースのかかったスパゲッティです。
結論から言うと、衝撃的なおいしさでした。濃厚な味わい同士の組み合わせは、しつこくなるどころか深みを増して、お腹も舌も気持ちまで満たしてくれるレベル、こんな食べ方があったのかと驚いた経験です。

やけに美味しいチキン南蛮に加えられていたのは

友人と行った居酒屋で適当にメニューを選び、話も弾みながらおいしく食べたり飲んだりの時間を過ごしました。枝豆や卵焼きに冷ややっこと、ごくごくスタンダードな居酒屋メニューのオンパレードです。
いくつかの料理が運ばれてきて、チキン南蛮が登場をしました。話しながら口に含むと、一瞬友人も自分も口が止まったのです。いつも食べるチキン南蛮と何か味が違う、それはおかしな嫌な味がするわけではなく、今までにない美味しさが口の中に広がったためで、思わず沈黙をしてしまいました。次の瞬間2人の口から出た言葉は、このチキン南蛮美味しいという叫びです。
掘り下げて言うとチキン南蛮にかけられている、タルタルソースがやけに美味しく、話題はそれに集中をする事になりました。あとからスタッフに探りを入れると、秘訣は練乳を加えること、すっかり気に入って自宅で作る時にも練乳が大活躍です。

フワフワ食感のお好み焼きにうっとり

映画を先輩と観に行くことになり、終わるころには時間も遅くなるので、その前に夕食をどこかで食べようということになりました。入ったのは女性の店員さんが1人でやっている、とても小さなお好み焼き屋さんでした。カウンター席のみが数席ほど、他にはお客さんはいません。
とても腰の低い優しい店員さんで、注文をしてすぐに焼き始めてくれました。出来上がりを食べてみると、生地がとてもフワフワとしています。お好み焼きは重いイメージがあったので、どうしてこんなにフワフワな食感で美味しいのか不思議です。
先輩がストレートに質問をすると、山芋とジャガイモをたっぷりとすりおろしていて入れるのが秘訣ということでした。どっしりお好み焼きも定番だけれども、ふわふわ食感のお好み焼きもなかなかの味わいです。

この記事へのコメント